HIGH SCHOOL NO.1 14

涼しくなってきました。

夏の夜が涼しくなる感じ本当好きです。ども、しろです。

今日は「一回戦が終わってみて」というお話をしたいと思います。

■落とし所をどうするか?

大会なのでバトルなので勝敗がハッキリと分かれますが、プレイヤーのメンタル的な着地はどこになるのかすごい考えていました。

僕は今回プレイヤーとのやりとりをしていませんが、あぱっちが細かくプレイヤーとやりとりしています。

プレイヤーとのやりとりの一部始終を聞いてるとしっかりと熱を持ってみんな出てくれてるのがわかります。

特に感じたのは「動画だからこそやり直しまくってる」ということ。

オンラインの反対でオフラインって言葉をあまり使いたくはないのですが、通常のバトルでは一回勝負なのでうまくいってもいかなくても、ミスってしまってもそれが結果になる。

ただ「動画投稿」になるので、自分の中で1番いいと思うものが出来るまで延々とやり続けれるし、やり続けてしまう残酷性もある。

このあるいった意味で「落とし所」を決めるのもめちゃめちゃ難しくて、若い子達に納得できるまでやれ!って言ってあげたいけどバトルなので期限がある。

納得出来なくても今あるもので戦うしかない。

対戦相手が決まって、自分の中で持ち物(ムーブ)を整理するというのは実はかなり大変なんだろうなーっと一回戦を見ての印象です。

勉強するにしても試験をしないと成績って伸びなくて、勉強とは「思い出す」作業だと思います。

フリースタイルも身体から溢れるもの、バトルの時に今までやった事を思い出す作業だと思います。

なので「落とし所」としては

大会前の自分より、大会後の自分の方が上手くなった

この自分の成長をどれだけ楽しめるかにかかっています。

僕が思うに大会で勝てなくて、フリースタイルの大会に出なくなる理由は「結果だけを追うことにおると思っています」大会に出る理由は「上手くなる自分と出会う事、向き合う事は」だと思うのでそういう機会を増やせる様にbtpは変わらず頑張るのでよろしくお願いします。

久々にしてはまとまった!よし!

是非btpのインスタチェックしてください!

コメントを残す

Top