HIGH SCHOOL NO.1 10

反応があると一気に進んだ気がします。ども、しろです。

今回は「トーナメントを指名制にした理由」というお話をさせて頂きます。

■当たる人が決まる時もドラマがあるよね

昔からバトルは大体くじ引き的なのでトーナメントと場所が決まり、この人と当たるのか!って感じでくじ引きという完全な運要素でトーナメントを組んでいた。

誰と当たるかわからないのでくじ引きをエンタメ化として、時間を設ける程だった。

M-1とかもそうですね、くじで出順を決めてギリギリまで芸人さんと視聴者さんが誰がやるかわからないことでのドキドキを生んで楽しむ。

しかし、今回は「指名制」ということで少し変わった趣向になった。

1位から順に入りたい場所を決めて、シードを選ぶ事も出来るし、最初からやりたい人を指名して対戦する事が出来る。

そのトーナメントを見て次の人が選んでいく。

と言った具合に進んでいく。

■オンラインだからこそ指名制がハマる

僕は格闘技をエンタメ化したものの一つに「K-1」の存在があると思います。

そこで選手一人一人を追って、対戦相手が決まって、相手を意識して、インタビューで相手に毒を吐いたり、、、、

数分の動画なのに、少しだけ選手を知れて、その知ってる選手2人が戦う。

っていうのがとても興味をそそりました。

TV演出ってやつが光ってたんすよね。

なのでオンラインにした事で指名制にして、対戦相手をバリバリ意識してバトルする事が出来る。

これが、めちゃめちゃ高校生にもオンラインにもハマると思いました。

本当はありがとう1分くらいの動画を撮ってもらって指名するとこまでを見たかったんですけど、お互いそこにエネルギーを使って、大会に支障が出そうだったので、連絡を取り合いこの形にさせてもらいました。

決まったトーナメントを見て思った事をまた明日書きます。

カッコかわええーって思いました。

コメントを残す

Top