high schoolを最高の大会にする為に

昨日ずっと鰻が食べたかったので丑の日を過ぎた後に2店舗電話して丑の日の次の日だから休みにしているお店ばかりで、泣く泣くただ飲みました。ども、しろです。

そりゃそーだよ。

今日は「最高の大会とは何か」って事について考えたいと思います。

■当たり前だけどプレイヤーにとって

僕が初めて大会を開いたのは実は2008年の「おとみち」というイベントにて野外ステージの運営を頼まれた時でした。

おとみち知ってる人いるかなー?

ダンスカルチャーがグッと盛り上がってる時に東静岡のグランシップにて大掛かりなダンスイベントを毎年8月にやっていました。

あの経験は今思ってもちょーでかいな。

そのおとみちの野外ステージでフリースタイルバスケットボールのバトルとストリートボールの大会を同時運営してました。

バイタリティえぐい。

今思うとそこが初めてか!

ストリートスラムの話をしようとして、初バトルのことを思い出したらおとみちやったわ。

その時の優勝はTaMaさんでジャッジにはMSDKとB-BUG。準優勝はKAMIKAZE。

普通にかなり豪華ですね。

本当はストリートスラムの話をしたかったので戻します。

2010年からSTREETSLAM(ストリートスラム)を始め、今のbactopecの叩きはこの時にほぼ仕上がってます。

・音楽重視

・スタイルバトル

・エンタメ色強め

日本一決定戦という最高のフォーマットがあるからこそ、パンク心を持ち開くことができたと今でも思ってますが対を成す感覚としては

・オリジナル重視

・無差別級のフリースタイルバトル

・バトル感強めの殺伐

こう書くとやはり日本一決定戦の格好良さも引き立ちますね。

僕はPOP要素強めな人間なのでbtpはこういう大会になりました。

そして今なおこの思想でやってますが、スラムを作るときに言った、リンカーンの言葉をサンプリングして

「フリースタイラーのフリースタイラーによる、フリースタイラーの為の大会」

というのをとても大事にしています。

では高校生の大会はどうだ?

■ジャッジ陣は名だたるメンバー

僕は高校を卒業して早く18年。

え、経ちすぎ!

なので。

ある程度本気で考えても今の高校生の気持ちがわからないこともあります。

ただ世界って大人が頑張って作っていて、僕の大好きなゲームカルチャーも大人が子供達の為に必死になって頑張っています。

本当にありがとうございます、ゲーム達。

そんなわけで僕が本気で考えた結果、今回のジャッジになりましたが、近々発表するので楽しみにしてください。

今はそのメンバーとやりとりをしながら毎日試行錯誤しています。

さっき撮ったラジオトークでは試行錯誤って言葉を思考錯誤って漢字で脳内変換しながら何回か口にしてます。

とにかく最高の大会とは?

と頭の中に入れながらやっていくので応援よろしくお願いします。

Top