bactopec KIDS BATTLE #24

書き出しに上手いこと言いたくて、その言葉が上手く出ずにその日の文章が書けないことってありますよね。ども、しろです。

注目度をを上げることについて何も書けなかったので、注目度を上げることについて書きたいと思います。

■ポイントを絞る

今回48名ものプレイヤーが出場してくれました。

オンラインで、エントリー費用もある中ありがとうございました。

この成功はイントラが積み重ねてきた多大なる信頼があると思っていて、イントラと生徒と親御さんの綺麗な三角形が出来ていたからだと思います。

なので

注目度をあげる=この三角形に届け続ける

という方法を取れたらと思っています。

この三角形にポイントを絞って注目度を上げるというよりは、継続をしていきたいと思う。

今回のオンラインイベントはbactopec的には大成功だったので、来年48名を越える参加者と、バトルしやすい環境を整える為にも何を頑張るかを明確にしていきたいと思っています。

■狭い世界なのだからとことん

トッププレイヤーとして大事なことは世界を拡げる事だが、コンテンツとしてはとことん狙いを定めていいと思っています。

フリースタイルの認知をあげる

それがシーンの底上げになるというのは言うまでもないのですが、認知と人気は違うので人気を上げるためには興味を持ってもらうコンテンツを作る必要がある。

ダンスバトルがダンスの成長速度を加速したのは言うまでもなく、今ダンスを当たり前に目にするのもそこを深く掘り下げたからだと僕は信じてる。

フリースタイルバスケットボールが何故こんなにも日本のレベルが高いからというのも、世界がネットで繋がる前に

日本一決定戦で鎖国状態で群雄割拠したからだとも僕は信じてる。

この掘り下げるコンテンツが僕はバトルであると思ってる。

子供が参入しないカルチャーに未来はないので、今僕はそこに力を入れていて、今回のキッズバトルを企画した。

あぱっちの10割手作業と僕の10割脳作業。

今回はキッズ、親御、イントラの三角形にとことん注目度をあげれるように大会終了後もやりたいと思ってるので引き続きよろしくお願いします。

20分だとこのくらいの文章ですね!

4月に向けて生活を戻していきたいので、とにかく文章がんばります!

Top