bactopec KIDS BATTLE #7 vol.2

えんとつ町のプペル見た事で、アホほど行動力があがってます。ども、しろです。

■情報解禁間近

さて、今週はbtpキッズバトルについてかなり動いていました(特にあぱっち)

わかりやすく動きを書くと

しろ=対人

あぱっち=対物

と言った感じです。

今日決めるべきことは

①エントリー費用

②ジャッジを誰がやるか

③オーディションの曲決め

①エントリー費用について

ここ3週間これについてめちゃめちゃ頭を悩ませてきました。

23-26日でとにかく決めきらなければいけなくてこれが非常に頭を悩ませている。

ただジャッジの皆様のおかげでエントリー費用は下げれそうで感謝です。

ありがとうございます。

②ジャッジを誰がやるか

これに関しては当初から今レッスンをしているイントラの方にお願いをしようと思っていました。

かなり早い段階から、声かけをさせて頂いていたので、皆様の協力の元イントラの方にジャッジしていただけそうで感謝です。

ここで少し迷ったのはキッズバトルという年齢の括りをどのくらいにするかということでした。

小学生の大会ですすめていたのですが、ホワイティーくんと話した時に中学生も含んだ大会にして欲しいということ声かかりを頂けて。

確かにそうだなっと思い、中学生も含む大会にしました。

これは情報解禁の時に誰がジャッジするか楽しみにして頂けたらと思います。

③オーディションの曲

btpのオーディション曲とかは僕が結構考えてきたのですが

キッズバトルはどうしよう?

と考えている。

「btpは音」

と強く言ってしまってる手前。

音楽で遊び方を決めてしまうところもあるのでかなり慎重になっています。

音を流す側には意思があって

・自分の好きな曲

・この曲どんな風に動くかな?

・難しい曲だけどどうかな?

・動きやすそうな曲ってこんなかな?

っと

問題提示をするような感じで投げていたりします。

なのでこの問題を上手に提示してあげて、沢山の答えを見るのを楽しみにしてます。

※加筆修正 2021/04/30

ぼちぼちGW突入ですね、誰かが決めた休みより、自分のやりたい毎日を。戦い続けてます、ども、しろです。こっち側では挨拶してなかったのですが、なんかしたくなりました。

さて、キッズバトルという名前で当たり前のように中学生を対象に開きましたが、実はこの気付きはwhiteaくんの一言がなかったら気がつけなかった部分です。

中学生のプレイヤーがどのくらいいるかとか、ほとんど考えていなくて、小学生大会だけで進めていた。僕の中では「キッズ=小学生」だったわけです。ただ、whiteaくんは昔からずっと育てて来てる「ゆーさく」くんに場所を与えたかった考えから、中学生の部もやって欲しいという言葉があって、そこから僕も中学生のプレイヤーの数をリサーチした。

大会において基本は8名集まるのが僕は必須だと思っていて、その人数であれば形になるのでそれ以上集まったし、何より「中学生の部=U-15」はレベルも高く、良い盛り上がりを見せた。

自分の頭の中で完結してたらこの気付きは得られなかったので、今回早い段階でイントラと話せたのがすごいプラスになったいい運営でした。

次の大会も気付きが出るように色々動いていきます。

Top