PEEEKTVへの投稿をしてみて

・必要なものが多い

・SNSオンラインコンテスト

・フリースタイラーとして出場するメンタル

ども、しろです!

初夏の過ごし方はどうしてますか?

梅雨&暑過ぎる事が昔より好きになったので雨の日にも散歩、冷房はつけずに汗をかく。

これを気持ちよく感じてます。

今回はPEEEKTVのオンラインコンテストに参加した事で感じた話をさせて頂きます。

下記インスタグラムへの投稿

テキスト(6/15)

ラジオトーク(6/15)

Radiotalk

https://radiotalk.jp/talk/306762

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハッシュタグ付けて投稿させて頂きました。

以前ヨーヨーモンスターのレイくんから紹介を頂き、

[パフォーマーチェーンプロジェクト]

で参加させて貰ったことをきっかけにPEEEKTVの事を知りました。

まずはこのような企画を考えて、尚且つ実践行動をしてくれてありがとうございます。

今回の企画のおかげで1人での撮影や編集、絵コンテ的なものを作る楽しさを覚えました。

絵コンテがマジ楽しかった。笑

ボールを触る楽しさと、フリースタイルについてまた色々深く考える事が出来て、参加する事により楽しい時間を頂けた事に感謝です。

HPのトレーラーもbugや神風などのプレイヤーが出ていて、沢山のカルチャーへの理解を感じました。

youtubeチャンネルには神風&kengoが対談をしていたので、また見るのを楽しみにしておきたいです。

どんな話してるんだろ?笑

今回楽曲があるとの事でダウンロードしたのですが、久しぶりにビートボックスで身体を動かして心地よかった。

シンプルイズベストな楽曲で、ラップバトルにかかるようなインスト感を感じて100回以上編集、練習共に聴きました。

リトモさん素敵な楽曲ありがとうございます。

3つくらい案があって明日までなので間に合えばもう2つアップさせてもらいたいと思います。

PEEEKTVさん素敵な企画ありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■必要なものが多い

ボール1つでフリースタイラーは身軽に動けるという最強のコスパの持ち主ですが、動画を1つあげるとなった時に必要なものが案外多い。

昔は自分一人でやる事があまりなかったので意識していなかったが

・フリースタイラー

・音源

・カメラ

・撮影

・編集

・内容

・ロケーション

最低でも7つの条件が必要で、当時はカメラも高価。

その上、編集ソフトの購入や触る機会も難しい。

撮影する時も撮影&編集をしてくれる人に、内容やロケーションを任せていた。

自分でやるとなるとその全てを一人でやらないといけず、

一本の動画を撮るのに必要なものがとても多い。

■SNSオンラインコンテスト

上記を踏まえオンラインコンテストが開かれても出場ハードルが高い事があった。

ただここまで読んだ方はそんな大変か?

って思いながら読まれてるかもしれません。

そう、この難易度の高い様々な事をテクノロジーの進化によりスマホ一本で解決してしまいました。

ここ数年の話だから本当に恐ろしい。

スマホ一つで必要なものの大半を解決してしまう。

SNSオンラインコンテストの出場ハードルがグッと下がり、沢山の人に挑戦のチャンスがある。

オンラインコンテストは現地にいかない手軽さも加味されていて、更に出場者には優しい環境になっている。

オンラインコンテストを今年btpでも考えていたりするので、沢山のオンラインコンテストを調べたり、出場して勉強していきたいと思う。

■フリースタイラーとして出場するメンタル

色々と出場することへの環境面について話してみたが、最後は自分自身のメンタルについて話してみたいと思う。

おっ、面白そう!

からのよし出るか!

は同時に来る感情ではないのが難しかったりします。

基本的には待ちきれない感情が、よし出るぞ!に繋がるので急なイベントやコンテストに一気に感情面をのせる事が出来ない事が難しかったりする。

ただ、今回出場きっかけにもなったのがフリースタイルバスケットボールを様々なPEEEKTVのチャンネルで取り上げていた事の信頼感が今回出場してみたいきっかけにもなった。

おっ、面白そう、どんな人達がやってるんだろ?あっフリースタイル取り上げてくれてる!

よし出るぞ!

このメンタルだったように思います。

フリースタイル外のコミュニティが自分の大好きな場所を取り上げてくれるのはいつだって嬉しいので、その気持ちが強いのかな?

若いうちはこんな事考えなかったので賞レースの時はいつだって自分が一番やばいので見てください!

のメンタルでよし。

逆に、年齢を重ねて頭でっかちになってきてしまったら、様々なをものを理解をしてから出場するでよし。

今回は感謝と理解というメンタルで応募したので、重い腰を上げる時は是非主催者さんの顔を想像してみて、やるぜ!ってなりましょ!

■FREESTYLE BASKETBALL LESSON

オンラインレッスン2週間無料

非公開アカウントにて週3回以上

(インスタにてメッセージ下さい)

instaglam:

https://instagram.com/freestyle_basketball_lesson

■SHIROのSNSはこちら↓

Twitter:shiro_msdk

instaglam:shiro_msdk

■SHIROが主催する国内最大級の大会

「bac to pec 」

website: https://www.bactopec.com

Twitter:bactopec1

instaglam:bactopec_official

■しろとゆーじの朝までオール練

https://www.youtube.com/channel/UCd0IBKqpNM74n4MmbwchcjA

■FREESTYLE BASKETBALL MAGAINE

freestylebasketball.net

■SHIRO(しろ)プロフィール

SHIRO

1985.6.23

出身 静岡

FREESTYLE歴 16年

2006年バンクーバーから帰国。

FREESTYLE TEAM「MSDK」を結成。

2007年プロとして活動を開始、日本で1番最初にレッスンをスタート。

2010.2011とチーム日本一ニ連覇。

2009 NBA ALLSTAR WEEKENDへの招待。

自主主催大会STREETSLAMやbac to pecなどを開きFREESTYLEシーンへの拡大も試みている。

また、2007年からFREESTYLEのLEESSONを行い、2016.2017年と中国の世界大会のジャッジを務める

受賞歴

日本一決定戦チームバトル2010.2011 優勝

日本一決定戦2009関西優勝、2011東海優勝、2014東海優勝、2016東海優勝

STREETSLAM ドリブルバトル2010.2011優勝

bac to pec ドリブルバトル 2014.2015.2016.2018.2019 準優勝

Top